目頭切開で人気の施術法を見てみよう

Beautiful eyes

ウーマン

目頭切開の施術法とは

W法(内田法)について

目

数ある目頭切開の施術法の中でも、効果があると言われているのがW法(内田法)になります。W法(内田法)は主に目頭を覆っている蒙古ひだをW型に切開して取り除く方法です。単純な直線で切開するより、Wという形で複雑に切り取ることで、もとに戻ってしまう可能性やひきつれを起こしてしまう確率を大きく減少させることに成功した非常に優れた施術です。自然な仕上がりで二重を形成できるので、現在人気を集めています。

Z法について

笑顔の女性

W法(内田法)とよく比較されるのがZ法です。目頭を覆う蒙古ひだをZ型に切り取り、目頭が見えるように皮膚を入れ替えて縫い合わせる方法になります。このZ法はW法(内田法)と比較してみると、シンプルで傷跡が残りにくく先のとがった自然な目頭を作ることが出来ます。仕上がりもよりシャープな印象で美人な顔を演出したい女性にはおすすめの施術法でしょう。

目元

【コラム】目頭切開修正について

施術の中でも特に重要なのが目頭切開修正法になります。目頭切開を行なって万が一、失敗してしまったらこの修正がとても重要になるでしょう。一般的に蒙古ひだ形成と言われており、自分の目頭周辺の皮膚の余りを使用して施術をします。蒙古ひだを形成するので、どんな形の目元にするかなど微妙なデザインにも対応してくれます。通常の目頭切開よりも技術を要するので、行なう際はより慎重に医師を探さないといけません。

目を閉じている女性

【コラム】傷跡が目立つパターンとは

傷口が目立ってしまう場合は、修正を行なうと傷が深くなる恐れからレーザー治療や注射で対応しています。もし傷がケロイド上に膨らんでいると、ステロイド注射で膨らみを小さくして傷と周辺の皮膚を馴染ませて目立たなくする方法が一般的でしょう。ですが、目頭切開の傷に関しては綺麗にすることは困難のため、傷にならないためにも医師の技術力を見極めて慎重に選ぶことです。

婦人

【コラム】切開する範囲はバランスが大事

目頭切開をしようと思っている人が勘違いしてしまうのは、切開する幅を大きくすれば目が大きくなると思っていること。実際は、目を大きく見せる効果が高い施術ではありますが、目自体が大きくなるわけではありません。さらに言うと、切開して綺麗に見えるかどうか切開した面積の幅ではなく、顔と目のバランスによって決まります。一番目元を美しく見せるバランスのとれたサイズにすることが目頭切開の施術では重要なポイントなのです。